センスの良さはカラーコーディネートで決める!テーマカラーを決めよう

タブーはないので好きな色を

挙式やパーティの会場をイメージしてみるとわかりますが、カラーコーディネートされた空間は、断然おしゃれだと思いませんか。二人のウエディングのテーマカラーを決めると、そこから一気にアイディアが広がりますよ。テーマカラーにタブーはないですし、1色に絞る必要もないですよ。メインの色を決めたら、組み合わせる色を何色かに絞りましょう。そのカラーパレットを具体的なアイテムに落とし込んでいくのはプランナーの仕事ですから、まずは自分たちでテーマカラーを選んでいくといいですよ。

ピンクと水色でガーリーに

スイートな雰囲気を好むなら、メインをピンクにしつつも水色を多用してさわやかなパステル調にするといいでしょう。ライトピンクと涼しげなブルーの組み合わせでやさしいイメージになりますよ。トータルではピンクの濃淡とブルーの濃淡で大人っぽくまとめることも可能です。ブライズメイドのドレスはモーヴに近いピンクで上品な印象にまとめるといいでしょう。

シックなローズピンクは人気色

ラグジュアリーな邸宅を借りきってのウエディングなら華やかになりすぎないように、あえてヴィンテージ調のカラーをチョイスします。落ち着いたローズピンクをメインにラベンダーを組み合わせ、渋めのゴールドや深いグリーンをポイントづかいして、ヴィンテージの雰囲気を表現するといいでしょう。多色づかいになりますがシックにまとまりますよ。

ブルーの濃淡は究極のさわやかさ

ピンクの次に人気なブルーは、水色の花は種類が多くないので、クールな表現は花以外のアイテムを多用するといいでしょう。少しずつ色みの違うブルーのグラデーションの中でパステルブルーは白とのコントラストが強すぎると子どもっぽいイメージになることもあるので、慎重に組み合わせるといいですよ。

福岡の結婚式場は沢山の結婚式場が存在し結婚式をしたいと思っているカップル一人一人に合った式場が見つかります。