知ってますか?婚約指輪と結婚指輪の違いとは?

婚約指輪はデザインが豊富!

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれ、男性がプロポーズや結納の席などで渡すのが一般的です。

婚約指輪の歴史は古く、古代ギリシャまでさかのぼり「婚約の印」として鉄の輪が用いられたのが起源とされています。日本では、婚約時に指輪を贈ることが始まったのは明治時代と言われています。

婚約指輪には宝石が装飾されているものが多いです。特にダイヤモンドは、最も固い鉱物で「永遠の絆」の意味合いがあることから、婚約指輪の装飾として人気が高い宝石です。

婚約指輪はデザインが豊富で、宝石も誕生石などにするなど自由度が高いことから、最近では、自分の好みにあった婚約指輪を選ぶ女性も増えてきています。

結婚指輪はシンプルなデザイン

結婚指輪はマリッジリングと呼ばれ、結婚式で交換するペアの指輪です。結婚式の後には指輪をつけたまま生活を送ることが多く、「結婚の証」であることや、周囲に結婚していることを伝える意味合いもあります。

結婚指輪は9世紀のローマで新郎が新婦に金の指輪、新婦が新郎に銀の指輪を交換した記録が残され、ヨーロッパにおいては13世紀に指輪の交換が一般化していました。日本では婚約指輪と同様に明治時代に指輪の交換が始まったとされていますが、一般化したのは戦後のことです。

結婚指輪はプラチナや金で作られたシンプルなデザインが主流で、婚約指輪と比較すると価格もリーズナブルです。

自分達に合った指輪を選ぼう!

婚約指輪にも結婚指輪にも、それぞれ歴史や意味があります。指輪は「愛の誓い」や「結婚の証」として一生の記念品となります。意味や歴史も意識して、自分達にぴったりや指輪を選びましょう。

婚約指輪は、婚約した女性が身に着ける指輪です。一般的には、男性が女性に贈ることが多く、結婚指輪よりも華やかなデザインとされています。