ブランドも大事だけれど、結婚指輪って具体的にどうやって探せばいいの…?

毎日使えて上品な見た目は当然重要だけれど…

結婚指輪の購入を済ませたカップルを対象にしたアンケートをとると、かなりの割合で自分のチョイスに満足していると回答しているんですよね。でも、自分達の結婚指輪に後悔する点があったと感じている人が多少いるのも事実です。一生に一度だけ買うものですし、最近は人前式の演出用の重要アイテムとして活躍することが増えている結婚指輪だからこそ、失敗しないようにちゃんと選びましょう。ブライダルジュエリーを選ぶポイントとしては、デザインやそのブランドの価値、人気などの要素があります。お洒落で華やかでありながら、毎日使うのに違和感がないデザインや、長い期間身につけていても飽きがこないように、流行に左右されないデザインにしてあるものだといいですよね。いくら見た目が良くても、重くて手が疲れやすいものや家事の最中に引っかかりやすいものは避けた方が無難かもしれませんよ。

結婚指輪が劣化した時のことを考えて…

結婚式を挙げてからずっと夫婦で着用することになるので、結婚指輪はどうしてもある程度汚れや傷がついてしまうという問題点があります。プラチナのように安定性が高く、変色しにくくて丈夫な物ならいいのですが、カラーゴールドのように特定の成分の影響で色が変わってしまうものもあるんですよね。ダイヤモンドなどを使っている指輪は皮脂の汚れに注意して!家庭用洗剤で落ちなかった汚れを洗浄したい場合や、経年劣化による歪みを矯正したくなった時に備えて、アフターサービスの中身を基準にしてお店を選ぶのもおすすめです。

結婚指輪の購入資金の多くは、結婚する二人で一緒に負担します。次点で、旦那側の負担となります。費用は大体ひとつの指輪につき8万円から10万円程度が多いです。