選択肢は夫婦それぞれ!こんなに沢山ある挙式のスタイル

スタンダードな結婚式

国内で結婚する男女の半数以上がチャペルを使ったキリスト教式の結婚式を挙げます。チャペルは様々なテレビドラマや映画の舞台としても使われるロマンティックな場所ですし、ウェディングドレスは多くの女性にとって憧れの衣装です。チャペルウェディングは西洋へのロマンを満たしてくれる式になりますよね。
またこうした式であればケーキカットやライスシャワーなどそこでしかできない演出を取り入れられますので、西洋風の結婚式でやりたいことがある夫婦にとっても魅力的です。

日本の歴史を感じる式

日本古来の建造物といえば神社が挙げられます。和装を着用して日本の文化を感じられる結婚式が挙げたい夫婦は、神社で神前式をしましょう。人前式は伝統ある神社を使えるだけでなく、三管演奏を依頼したり神楽を舞ってもらったり日本らしい演出を取り入れることができます。こうした結婚式は外国の参列者を招待する時にも喜んでもらえるでしょう。挙式できる神社の中には洋髪や洋装を受け付けている場所もありますので、神社は使いたいけれど服装は西洋風にしたいという夫婦にとっても気軽ですよね。

フラットな式で盛り上がる

新郎新婦ともに無宗教の場合、式の場で宗教的なセレモニーを行う必要はありません。披露宴をメインにすれば参列者に場所移動を促す必要がなくなりますし、チャペルのような設備も探さずに済むのです。
結婚式を披露宴だけで済ませたい夫婦は、人前式を選択しましょう。人前式とは神前に結婚を誓うのではなく、足を運んでくれた参列者の人たちに夫婦の誓約を伝える式です。こうした結婚式であれば多様な宗派の人たちを参列者に招きたい時に気を使う必要がありませんよね。

六本木の結婚式場は、挙式をしたカップルだけでなく参列したゲストからも高い評価を得ている所が多く、満足度の高い結婚式を目指せます。